プロ野球が開幕しました!!でも全く野球ファンではありません。少し世間に迎合してみただけです。日本シリーズとか、先日開かれていたWBCは観ることもあるのですが、もう何年もプロ野球のペナントレースを観た覚えがありません。

子供の頃はプロ野球に興味を持っていたのですが、中学校に通う頃にはそれも薄れていたと思います。当時のプロ野球のテレビ中継といえば、少なくとも僕の住んでいる横浜では『ジャイアンツ−○○戦』ばかりでした。ですから最初に観始めた頃はジャイアンツの試合を観るほかなかったのです。そのうちに他のチームにも興味が湧いてきたのですが、実際には対ジャイアンツ戦としてしか他のチームのを観る機会はありません。パ・リーグに至っては日本シリーズ以外では観ることができなかったように思います。

僕は根っからの楽天家でもあるのですが、同時に天邪鬼でもあります。極端にジャイアンツに偏ったテレビ中継、それに今以上に人気もジャイアンツに集中していたそんな状況で、どんどんアンチ巨人化してゆきました。結局、数年後にはプロ野球そのものに興味がなくなり今に至ります。しかしその後もアンチ巨人の精神だけは薄れることがなく、今でも読売新聞の購読の勧誘に対しては、『巨人嫌いだから』と言って断るくらいです。ちなみにこの理由はとても効果的です。

その後しばらく、決まったスポーツに熱をあげるということがなかったのですが、今から16〜17年前のバルセロナオリンピックをきっかけとして、アメリカのプロバスケットボールNBAにどっぷりハマりました。バルセロナオリンピックは初めてオリンピックにNBAの選手が参加した時で、初代ドリームチームと呼ばれたアメリカチームは尋常ではない顔ぶれでした。NBAのオールスター戦ですら両チームに分かれてしまう顔ぶれが1チームに集まっているのです。マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バードという当時の超スーパースターが同じチームに顔を揃えていたのです。

他のどの国と比べても圧倒的な実力差があるわけで、ほとんどの試合をダブルスコアで勝っていた記憶があります。もはや興味の対象は勝負ではなく、どれだけ凄いプレーが見られるかという点に集中していました。当然、アメリカチームはオリンピックチャンピオンになったのですが、以後様々な世界大会で数々のドリームチームが作られましたが、この初代ドリームチームほどのチームは作られていません。

この頃、NHKのBS放送では1週間に2〜3試合のNBA中継があり、数年後に現在のスカパーが開局してからはさらに観戦の機会が増え、思いっきりNBAにハマりました。そんな中で一度だけ本物のNBAの試合を会場に見に行ったことがあります。仕事でボストンに行く機会があり、ボストン・セルティックス対フィラデルフィア・セブンティシクサーズという昔の名門チーム同士、当時は泣く子も黙る弱小チーム同士の試合を観に行きました。

あらかじめチケットを取ってもらい、日本を出る時からルンルン気分だったのですが、現地で風邪をひき、調達した風邪薬はアメリカ人サイズ向けだったのか効きすぎて、朦朧として会見に臨み観戦したため、意識が戻った時には試合終わってました(笑)。まあ、失言しなくて良かったと思います。そんなNBA熱も、初代ドリームチームの顔ぶれが全員引退してしまった10年後くらいには冷めてしまい、今ではたまにしか観ることもなくなりました。

Jリーグは発足以来、ずっと細々と観続けています。熱狂するというほどではなく、でもこれまでになく長期間に渡り飽きることなく粛々と(?)観続けています。実際に試合会場に何度も行っているのですが、自分自身の中では今ひとつ盛り上がりに欠けるというか、細々と観続けているという以外の表現が思い浮かびません。たぶんこれから先もこのスタンスでずっと観続けてゆく気がします。

また久しぶりにスポーツで熱狂してみたいと思うのですが、なかなかこれはと思うものにめぐり会うことができずにいます。




≪日常カテゴリの最新記事≫


2009年04月05日 11:19 | 日常 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログは、レイアウトも配色も無機質で素っ気なく見えると思いますが、実はかなりあちこち手を加えています。カッコ良く言えばカスタマイズ、そのものズバリに言えばイジクリマワシタというところでしょうか。初めの一週間は記事も書かずにHTMLやCSSばかり直していました。今回初めてシーサーブログを使ったのですが、最初はそれまでのFC2ブログとの違いにかなり戸惑いました。HTMLとCSSがまるで別の場所にあったり、HTMLがいくつもの場所に分かれてあったりとか、一体なんじゃこりゃ!?というのが率直な感想でした。でも一週間そればかりいじくりまわしていたせいで、おぼろげながら正体がつかめてきた気もします。

このブログを始めるにあたり、僕は検索エンジン経由のアクセスが多いブログにしたいと思いました。というのも、最近までメインとしていたブログは検索エンジン経由のアクセスが非常に少なかったため、今度は多くしてみようと、まあ単純と言えば単純な、深い意味は全く無い動機ではあるのですが…。

検索エンジンでアクセスアップを図ろうってことなら、やっぱりSEOだろ!と勢い込んでみたものの、そもそもSEOなど『検索結果で上位に表示させるための手段』として、言葉としては知っていても実際に何をやったらよいのかよくわかりません。SEOに関して書かれているサイトを見て回ったのですが、景気良くブチあげているサイトはいわゆる情報商材と言われるものが多く、正直あまり興味はありませんでした。それ以外のところで、いくつか興味を持てたサイトを見て回ったのですが、特別な何かが書かれているわけではなく、突き詰めれば普通にやれってことかなという印象でした。言いかえれば、人に読ませるための印刷物を作る場合と基本は同じなんだろうと思いました。

そういう基本を守ったものの積み重ねが検索エンジンに評価され上位表示されることでアクセスアップに繋がるということでしょうか。ということは本来のやり方であればある程度の時間がかかるわけで、そこに情報商材などの存在理由があるのかもしれません。

しかしながら検索エンジンでアクセスアップだSEOだなどと言いながらも、関係のない部分でひとつだけどうしてもやってみたいことがありました。でもその正しいやり方はわからず、説明しているサイトも見つけることができなかったので、結局自己流でやっちゃいました。

どうしてもやりたかったというわりに、それはまったく大したことではなく、あえてここに書くのも恥ずかしいくらいなのですが、そしてやりたかった理由と言うのも相変わらず、ただやりたかったからという全く大人げない理由しか思いつかないのですが、こういうことです。

このサイトの右上にある、かつて一度もクリックされたことのない(笑)広告が置かれているスペースなんですが、ここを自由に使えるスペースにしたかった。それだけ。この部分ってそのままの状態だとデッドスペースになってしまうので、なんかもったいない気がして、何かを入れられるスペースにしたいなと思いました。今は思いつかないので広告を置いていますが、別のものであってもいいんです。試行錯誤の末、どうにかこうにか形だけは整えることができ、さしあたって不都合もなさそうだったので良しとしました。

で、その結果はどうなのかという話ですけれど、検索エンジンからのアクセスはあるのかという話なのですが、今の時点ではなんとも言えません。実際には、けっこうな比率で検索エンジンからのアクセスはあります。登録だけしてほっぽりっぱなしのあし@よりよっぽどアクセスはありますし、以前のメインブログの比率と比べても何倍も多いのです。ビッグワードひとつでは無理ですが、ビッグワード+1単語であれば、結果の1ページ目に表示されている組み合わせがそこそこあります。

でもSEOのサイトをあれやこれや見ている中で、こんな記事を目にしました。『Googleは新しいサイトに対しては検索順位表示に関して優遇措置をとる』。こんな意味合いの記事だったと思いますが、良いサイトを埋もれさせないために、開設から一定期間(一か月だったような気もしますが、はっきり覚えていません)は、全ての新規開設サイトに対して、本来の表示順位よりも高い順位で検索結果を表示すると書いてありました。

このブログは開設してGoogleのメタタグを入れてからもうすぐ2カ月経ちますが、実際に更新を頻繁にし始めてからはまだ3週間も経っていません。そもそも、そんな優遇措置があるのかないのか信義のほどはわからないことに加え、それが一か月なのかそれ以上なのかもあやふやで、さらにどの時点からなのかも定かでないので、正直言えば、今はなんとも言えませんというしかない状況です。もうすこし経って今の順位からズルズルなのか一気になのかはわかりませんが、落ちてしまえば信であることがはっきりします。

今のところは何の判断もできないのでこのままにしておきますが、もしヘッダー部分がオーソドックスな形にある日突然変わっていたら、その時は「ああ、検索順位が落ちちゃったんだな」と思ってやってください。

[内容に関して誤りに気づいたので修正しています。2009/4/4]




2009年04月03日 20:18 | ブログ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たった今、最後(になるはず)の一本を吸ってきました。少し前ここで宣言したように、今から禁煙態勢に入ります。煙草を吸い始めて20数年、吸い始めのころはともかくとして、その後は一日たりとも休むことなく吸い続けてきたわけです。これだけ長きにわたって継続したものは僕には他にありません。『継続は力なり』、どこかの予備校のキャッチフレーズみたいですが、これだけははっきり言えます。喫煙を継続しても何の力もつかなかったよ、と。

さて、前回の禁煙記事を書いた時、僕は『できることなら楽して禁煙したい』とヌカしていました。禁煙パッチがよさそうだとか、いや保険適用の禁煙外来が一番安く上がりそうだとか、こんなことを書き散らかしていたんですが結局こうなりました。
 
The 我慢!

禁煙パッチを始めとした禁煙グッズや禁煙外来を、否定するつもりは一切ありませんし、それらに対していかなる負のベクトルの情報を得ているわけではないのですが、ひとことで言ってしまえば、ブログネタとしてはこっちのほうが面白くねぇ?ってことです。

「あー、禁煙パッチで禁煙するってこんなに楽チンなんだぁ。スパスパスパー」なんて記事より、絶え間なく襲いかかる誘惑に七転八倒して耐えているって方が面白いじゃないですか。で、僕の場合はさらに筋金入りのヘタレだったりするわけで、よりスリリングな禁煙日記になること間違いなしです。もっとも、筋金入りのためあっさり挫折してってことにもなりかねませんが…。

そもそも禁煙の動機としては、これまで敢えて黙殺していたものを含めれば諸々ありまして、
  1. カミさん一派(カミさん+子供)の冷やかな視線及び実力行使
  2. 健康に対する不安
  3. ムダ銭の撲滅
などなど、代表的なものをあげるととてもありきたりでフツーなんですけど、最近特に大きくなった動機としては2番目と3番目でしょうかね。

健康に関しては、僕は室内とか周りに人がいるところではほとんど吸わないので、ここには抵抗勢力であるカミさん一派は含まれていません。全くもって僕だけの健康のことを言っているのですが…(こうはっきり書くと自分がひどいろくでなしに思えます)。風邪でもないのに咳こんだり、指先がたまにしびれる感覚とか、胸が痛むこともあり、へんな動悸があったりと、煙草のせいで発生するあるいはリスクが激増する病気なんてものにも最近とても敏感になってきています。でもカッコつけるわけではありませんが、自分の健康への不安と言うのは、むしろ自分のためではなく、カミさん一派のためであったりします。せめて生きながらえて罪滅ぼししなきゃいけないので。

3番目。これも今となっては計り知れなく大きな動機です。もう本当に、煙草吸ってなかったらインサイトが買えたのに!ってくらいの無駄金を気がついたら使っていました。煙草ごときに!別にインサイトが欲しいわけじゃないんですけど。一日一箱を20数年吸い続けていると、車が買えるほどになるなんて、吸い始める前にこの計算しておきたかった…。今は正直言って、無駄金は一切許されない状況にありますから。

どちらにしても、ここで宣言する以上、絶対に禁煙を成功させるつもりです。ということで、どうか暖かい目で見てやってください。




2009年04月01日 20:12 | 禁煙 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たいしてコメントついてないのに言うなよ!って話なんですけど、『応援ポチッ!』ってコメント嫌いです。『ポチ』してもらうこと自体は三度の飯より好きなんですけど、また『ポチ』してもらえたことに対してちゃんと感謝はしているんですけど、コメント欄に他の言葉は一切なく一言だけ『応援ポチッ!』などと入っているのを見るといい気持ちがしません。(この表現、かなり控えめです)

説明するまでもないと思いますが、ここでの『ポチ』とはランキングサイトのバナーやリンクのことですが、時々記事のコメント欄(ここではなく僕の別のサイトです)に見慣れないハンドルネームでただ一言『応援ポチッ!』とか『応援しました!』なんて入っていることがあります。これが厭なんですよね、ミエミエで。

これって純粋なキラキラした目で「ありがとうございます。これからもがんばります!」などと言ってあげれば済むことではありませんよね。「ポチしたんだからポチしてよ」ってことですよね。それなりに人生経験を積んできた僕としては、そのようにうがった見方をしてしまうのですが、もしこの前提が違っていたなら僕は大きな勘違いをしていることになり、この記事自体が無意味なことになるので、ここって重要です。

自分のところにポチがほしいのなら、最初からはっきりそう書けばいいのにと思ってしまいます。例えば『ポチをしてさしあげましたから、お返しに自分のサイトのランキングバナーにもポチしてください。』って直球勝負で。好きか嫌いかを問われたら、こっちのほうがはるかに好きです。だって潔いじゃないですか。それでお返ししに行くかと言われればビミョーというしかないですけど、一言『応援ポチッ!』だったらば、絶対しないし最初からそこへは行かないということを考えればナンボかマシです。

このサイトもランキングサイトには一応3つほど登録してあるのですが、ランキングバナーをここに置いているのはそのうちのひとつだけ。それもひっそりと隅っこに置いているだけで主張もしていません。そのことに特に意味はありません。どこに置こうか決めかねていてまだ置いていないだけです。そのうちに目立つところに置くとは思いますが、記事数も少ないので「まだいいや」というところです。

少しずれてしまいましたが、こういったコメントを入れる人はいろいろなサイトで同じコメントを入れて回っていると思うのですが果たして効果はあがっているのでしょうか?純粋に興味があります(キラキラした目で)。あの一言コメントを好意的に受け取る人ってそんなにいない思うのですが、むしろ自分で自分の首を絞めているような気がするのですが、そのあたりどうなんでしょう?

どこかのサイトか、情報商材と呼ばれるものの中に、アクセスアップの秘訣とかいってそうするようにと書いてあり、それを信じて実践しているだけなのかもしれません。あるいはそのコメントが実際入っているのを目にして、自分もやってみようと思い立ったのかもしれません。それはわかりません。でもアプローチの方法がちがうと思うのです。

欲しいという気持ちはわかります。僕だって三度の飯より好きと書いたくらいですから。激しく大げさですけど…。自分のサイト上でなら、それをどのように主張しようと自由ですが、よそに行ってもやるならば(しないに越したことはありませんが)、安直にそんなフレーズを入れて回るのではなく、せめて一ひねり二ひねりしてくれたらいいのにと思います。思わずプッと噴いてそこを覗いてもいいかなと思うぐらいの気の利いたやつを。そんなコメント入れてくれたら応援だのポチだのと書いてなかったとしても、おのずと集まるようになると思うのですけどね。

せっかくだから今日はこの記事上にランキングバナーを置いてみようかとも思いましたが、あざとくなるので止めました。


2009年03月31日 20:14 | ブログ | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。