アクセス解析ソフトでこの4日間ほど極端にアクセスが少ない(つーかゼロ!)ので、それはおかしいと調べてみたら、このサイト見事に全ページGoogleの検索結果からはじかれてました。Google八分ってやつ?あはー!このサイトってスパムっすか?もう笑うしかない…。

ここはかろうじて自分の他のブログからのリンクは張っているものの、ランキングや他のサービスなど全く登録していないので、はっきり言ってアクセスは100%Google頼みなんですけど、そのGoogleの検索結果からはじかれてしまったってことは、僕以外誰もここを見に来ないのは当然の結果です。

このサイトはつい先週、わけあって別のサイトから引っ越して立ち上げたもので、この記事を含めて直近3記事はここで新たに投降した記事なのですが、それ以前の記事は以前のブログから引っ越しとともに持ってきた記事です。ここで投稿を始めて最初の2〜3日はGoogleの検索結果からのアクセスがあり、実際に検索結果に載っているのを僕も確認していたのですが、翌日見たらば同じキーワードで順位がドーンと下がっていて、今日はすでに影も形もありませんでした。

まあ、ここがスパムサイトかどうかは置いといて、いや置いとかなくてもそうではないのですが、思い当たることはあれかなってのはあります。つかそれしか考えられない。

どうやらGoogleさんの言う通りに引っ越しをしなかったからペナルティ食っちゃったみたいです。今日Googleのウェブマスターツールのヘルプを読んでいて知ったのですが、サイトを引越しする時には、Googleに対しても行わなければいけない手順があるようです。Googleロボットが旧サイトに来られないようにメタタグを入れるなどしてインデックスを削除して、みたいなことをしなければいけないようなのですが、そんなことを知らなかった僕は、新しいサイトに記事を移して、Googleのウェブマスターツールから旧サイトを削除して、その後旧サイトを根こそぎ削除してしまいました。旧サイトのインデックスは今でもばっちり残ったままです。(新サイトもサイトの登録はしているので、そっちはそっちでインデックスあります。)

どうやらこれがいけなかったようです。同じ記事が(それも何十ページに渡って)複数のサイトにあるってことで、スパムとみなされたのかペナルティ食らっちゃったみたいです。旧サイトはすでにバッサリ削除してしまったので、今さらメタタグ入れることもできないし。

そもそも旧サイトを一刻も早く閉鎖したかったという事情があって、新旧をしばらく並存させるなど思いもしなかったので、新サイト完成!じゃ旧サイト削除!なんて軽いノリで消しちゃったんですけど、その代償は大きかった…。うーん、この先このサイトはどうなるんでしょうか?時が解決してくれるものなのでしょうか?そうかと言って何ヶ月も誰にも見られないサイトを更新し続けるのも、修行僧ではないのでムリっぽい。

誰かこの苦境から抜け出す手段を教えてくれないかなぁ。と、誰にも読まれるはずがないんだけど言ってみました。

jigoujitoku.gif





2009年06月13日 09:37 | ブログ | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
昨日はとても気持ちの良い天気だったので、家族と近くの鶴見川(横浜市内)支流の川べりの遊歩道を自転車に乗って少し遠出をしてみました。遠出といっても大したことはなく片道10kmほどなのですが、カミさんはよいとしても小4の息子にとってはこれまでにない長い道のりです。もうひとり幼稚園年長組の娘がいるのですが、こっちはまだ補助輪がとれていないので僕の後ろの子供用シートに乗せていました。

家から7〜8kmのあたりを走っていた時のことです。突然、後方から『パーン!』という大きな破裂音がしました。一瞬、「撃たれたか!」と思ったのですが、そんなはずもありません(笑)。あわててその場に自転車を停め、カミさんと息子が走っているはずの後方を振り返ると、後ろの二人もやはり停車し、揃って僕の方を見ています。何が起こったのかとあちこち見たところ、僕のマウンテンバイクの後輪がペシャンコになっていることに気づきました。

トラックが高速道路でタイヤをバーストさせている光景を僕は何度か見た覚えがありますが、マウンテンバイクでもそんなことが起こるのですね。その遊歩道は舗装されているのでダートを走っていたわけでもなく、また娘を後ろに乗せているのでスピードを出していたわけでもありません。ただ僕のマウンテンバイクは17〜18年前の代物で、実は一度もタイヤおよびチューブを代えていませんでした。パンクしたこともなく、タイヤもそれほど減っている感じはしなかったので、まずいかなと思いつつもそのままにしていました。なので、なるべくしてなったと言われてしまえば返す言葉がありません。

家からは7〜8km離れているところの川沿いの遊歩道、あまり土地勘があるわけでもなく、周りは住宅地ではありますが商業区域ではありません。しばらくして通りかかった人に自転車屋のありかを尋ねると10分ほど歩けばあるとのこと。言われたままにパンクした自転車を押すこと15分、教えられたとおりの場所にめでたくも自転車屋を見つけ事なきを得ました。とは言うものの、チューブだけではなくタイヤまで交換するはめになりましたが…。

久しぶりの自転車屋は僕にとって刺激的でした(少し言い過ぎかも)。というのも、展示されている自転車は、―というかマウンテンバイクしか見ていませんがー、僕が乗っている17〜18年前の代物とはまるで別物でした。

まずフレームからして形状が違います。僕のはハンドルの付け根、サドル下、フロントギヤの中心の三点で三角形を形作る細いパイプフレームを組み合わせたものなので、ハンドルの付け根部分からサドル下まで水平なパイプが一本通っているのですが、このパイプ、特に乗り降り時には結構な邪魔モノです。ところが展示されているものは、ハンドルの付け根からフロントギヤの中心まで斜めに太いフレームが走っている代わりに、邪魔くさい水平なパイプがなかったり、あったとしてもずっと低い位置であったり、水平ではなく斜めになっていたりと、素人目にもいかにも乗りやすそうな形をしています。

そしてもうひとつの大きな違いは、今のマウンテンバイクにはサスペンションまで付いている!ということでした。モデルによってリア側にだけであったりするようなのですが、僕のものにはサスペンションなどハナから存在しません。路面のギャップを不用意に拾ってしまうと、とても辛い目にあいます。えぇ、とっても…。ですから僕の眼はサスペンションに釘付けになりましたと言っても過言ではありません。きっと羨望の眼差しでガン見していたにちがいないと思います。

家に帰るとさっそくネットであれやこれやと見て回り、近頃のマウンテンバイク事情やら、どんなモデルにするかとさんざっぱら頭を悩ませた結果、これにしようと決めたのが右のモデルです。フレームは今時の形状でサスペンションも前後に付いてます。で、買ったのかというと、いいえ。あくまで決めただけ。買うとしたらこれにすると決めただけです。新しいマウンテンバイクなど買うぐらいなら、その前にちゃんと自動車税納めなきゃいけませんし、優先順位で言えば何十番目かに置かれただけにすぎません。

まったく…、寂しいかぎりの話です。



2009年06月08日 18:23 | 自転車・マウンテンバイク | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ワールドカップ出場が決まりました。TV中継が遅い時間ではなかったので、最初から最後まで観戦することができたのですが、それを観ながら思いました。日本チームは強くなったなぁと。僕はサッカー経験者でもなければ、知識が豊富なわけでもありませんので、戦術的なこととか技術がどうのといった難しいことを語ることはできません。

得点を取った開始まもない時間はともかく、それ以降はボールを支配され劣勢の状態が続いたわけなんですが、そして納得しがたい審判の笛も数々あったのですが、あの状況で、最終的に勝ちきれたというそのこと自体が「強くなった」と思う理由です。最終予選で一勝しかしていないチームを相手にして試合を支配できずにどうする?などの見方は当然あるかと思いますが、僕としては、圧倒的に劣勢な状況にもかかわらず勝ったということをぜひとも評価したいと思っています。

これまで代々の日本代表チームに対して僕が持っていたイメージは、あくまでイメージなのですが、『勝ちきれないチーム』というものでした。試合を優勢に進めながらも終わってみれば引き分けあるいは負けていた、いい試合をしたのだけれど勝てなかったなど、『勝負』という面においていつもはがゆさを感じていました。ましてや劣勢のまますすんでゆく試合など…。

昨日の試合も、終盤になればなるほどこの思いは強くなり、最後の10分ほどは落ち着いて観ていられないほどだったのですが、それでも追いつかれることなく逃げ切った、勝ちきったという点を僕は最大限に讃えたいとそう思うわけです。もちろん開始早々に得点を取っていたから、劣勢とはいえ勝つことができたのですが、相手は違うとはいえ前回のワールドカップのオーストラリア戦のように、ずっとリードしていながら終盤にバタバタッと得点を取られ負けてしまった試合もあることですし。

来年のワールドカップ本選で目標に掲げているベスト4に入ることができるのかどうか、期待としてはそうなってほしいのですが、現在の日本サッカーの実力としてはとても厳しい目標だと思います。しかし昨日のような勝負強い試合ができるようになれば、強豪国相手に番狂わせを起こすこともあり得ますし、勢いに乗ったらもしかしてという可能性も見えてきます。

本番まであと一年、ぜひともこの勝負強さを持ち続けていってほしいと思います。
【サッカーショップ加茂】日本代表応援 Special Price!!






2009年06月07日 10:07 | 雑記 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
来月18日に発売となるトヨタのハイブリッドカー新型プリウスの受注台数が、今月末には5万台になるとのことです。今月1日から予約を受け付け始めていて、来月の発売時点では6万台を超える見込みだとも。また、なんでも納車までは4ヶ月かかり、トヨタはプリウスの当初の月間生産台数予定45,000台を引き上げることになるらしいです。

さすがです。大御所登場というところでしょうか。2月に発売のホンダ・インサイトが発売1ヶ月で、見込みを3倍以上上回る18,000台を受注したと話題になっていましたが、プリウスは予約開始1ヶ月で3倍近い5万台です。それも今はまだ発売していないという段階ですから、同じように発売1ヶ月後で比べたら、その受注台数は一体どれほどになるのでしょうか。たしかにインサイトが予想をはるかに超えた飛び出しを見せたということで、トヨタは新型プリウスの販売予定価格を引き下げたり、現行プリウスの価格を引き下げて新型と併売するといった戦略の練り直しを迫られたわけなんですけれど。そしてエコカー減税による後押しもあったのですが。でもやはりこの予約段階での受注台数は凄い数字です。

これが起爆剤となって景気が回復してくれればいいのですが…。昨秋トヨタが大量の派遣切りや時短に踏み切ったことは、やはりその後の景気に大きな影響があったわけで、そんなトヨタが息を吹き返してくれれば、また景気も上向きになるんじゃないかと、あえて前向きに考えれば思いたくなるのですが、果たしてそううまく進んでくれるのでしょうか。

というのも、トヨタ・プリウスやホンダ・インサイトといったハイブリッドカーが好調なのはわかるのですが、そしてそのメーカーであるトヨタとホンダが上向くのはわかるのですが、自動車全体の市場が停滞している中で、プリウスとインサイトだけが売れてしまったら、その他の車種は当然今以上に売れなくなってしまいます。ということはハイブリッドカーを持っていない日産、マツダ、三菱、スバル等は、ほんとに大丈夫なのかと心配になってしまいます。もちろん競争の結果と言えばそれまでなのですが、景気の良い時期ならともかく、今のような不況の時期に一人勝ちが現れる(正確には2人勝ちでしょうか)ということはどうなんでしょう?

実際各社とも手をこまねいて見ているわけではなく、日産はEVを始めとしてハイブリッドカーやダウンサイジングと呼ぶターボ車(今ひとつターボというのは理解しにくいのですが)を来年にかけて投入するという話ですし、マツダも水素自動車を開発していますから、エコカーの開発を急ピッチで進めているようなのですが、それらがどれだけ早く量産化できるようになるのか、それまで各社が今のまま持ちこたえてくれてくれて自動車業界全体が復活してくれるのかということを今は祈るばかりです。

とはいえ、自動車業界が良くなれば全てがうまく行くなどというつもりはなくて、あくまでプリウスやインサイトなどのハイブリッドカーの躍進によって、これまでのバランスが変わるであろうことによって、景気回復にマイナスの力が作用しなければいいなと思っているだけですので、そこは誤解しないでいただければ幸いです。




2009年04月26日 10:12 | 自動車・エコカー | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。