プロ野球が開幕しました!!でも全く野球ファンではありません。少し世間に迎合してみただけです。日本シリーズとか、先日開かれていたWBCは観ることもあるのですが、もう何年もプロ野球のペナントレースを観た覚えがありません。

子供の頃はプロ野球に興味を持っていたのですが、中学校に通う頃にはそれも薄れていたと思います。当時のプロ野球のテレビ中継といえば、少なくとも僕の住んでいる横浜では『ジャイアンツ−○○戦』ばかりでした。ですから最初に観始めた頃はジャイアンツの試合を観るほかなかったのです。そのうちに他のチームにも興味が湧いてきたのですが、実際には対ジャイアンツ戦としてしか他のチームのを観る機会はありません。パ・リーグに至っては日本シリーズ以外では観ることができなかったように思います。

僕は根っからの楽天家でもあるのですが、同時に天邪鬼でもあります。極端にジャイアンツに偏ったテレビ中継、それに今以上に人気もジャイアンツに集中していたそんな状況で、どんどんアンチ巨人化してゆきました。結局、数年後にはプロ野球そのものに興味がなくなり今に至ります。しかしその後もアンチ巨人の精神だけは薄れることがなく、今でも読売新聞の購読の勧誘に対しては、『巨人嫌いだから』と言って断るくらいです。ちなみにこの理由はとても効果的です。

その後しばらく、決まったスポーツに熱をあげるということがなかったのですが、今から16〜17年前のバルセロナオリンピックをきっかけとして、アメリカのプロバスケットボールNBAにどっぷりハマりました。バルセロナオリンピックは初めてオリンピックにNBAの選手が参加した時で、初代ドリームチームと呼ばれたアメリカチームは尋常ではない顔ぶれでした。NBAのオールスター戦ですら両チームに分かれてしまう顔ぶれが1チームに集まっているのです。マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バードという当時の超スーパースターが同じチームに顔を揃えていたのです。

他のどの国と比べても圧倒的な実力差があるわけで、ほとんどの試合をダブルスコアで勝っていた記憶があります。もはや興味の対象は勝負ではなく、どれだけ凄いプレーが見られるかという点に集中していました。当然、アメリカチームはオリンピックチャンピオンになったのですが、以後様々な世界大会で数々のドリームチームが作られましたが、この初代ドリームチームほどのチームは作られていません。

この頃、NHKのBS放送では1週間に2〜3試合のNBA中継があり、数年後に現在のスカパーが開局してからはさらに観戦の機会が増え、思いっきりNBAにハマりました。そんな中で一度だけ本物のNBAの試合を会場に見に行ったことがあります。仕事でボストンに行く機会があり、ボストン・セルティックス対フィラデルフィア・セブンティシクサーズという昔の名門チーム同士、当時は泣く子も黙る弱小チーム同士の試合を観に行きました。

あらかじめチケットを取ってもらい、日本を出る時からルンルン気分だったのですが、現地で風邪をひき、調達した風邪薬はアメリカ人サイズ向けだったのか効きすぎて、朦朧として会見に臨み観戦したため、意識が戻った時には試合終わってました(笑)。まあ、失言しなくて良かったと思います。そんなNBA熱も、初代ドリームチームの顔ぶれが全員引退してしまった10年後くらいには冷めてしまい、今ではたまにしか観ることもなくなりました。

Jリーグは発足以来、ずっと細々と観続けています。熱狂するというほどではなく、でもこれまでになく長期間に渡り飽きることなく粛々と(?)観続けています。実際に試合会場に何度も行っているのですが、自分自身の中では今ひとつ盛り上がりに欠けるというか、細々と観続けているという以外の表現が思い浮かびません。たぶんこれから先もこのスタンスでずっと観続けてゆく気がします。

また久しぶりにスポーツで熱狂してみたいと思うのですが、なかなかこれはと思うものにめぐり会うことができずにいます。






2009年04月05日 11:19 | 日常 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
早いものでもう3月も終わりに近づき、今日から息子が通っている小学校が春休みに入りました。僕には2人の子供がいまして、一人は小学校3年の息子、もう一人は幼稚園年中組の娘です。今日はこの息子について書いてみます。

数年前から僕の稼ぎがガクッと落ちてしまいまして、それでもなんとかやりくりして最近まで来たのですが、もうこれは堪らんと少し前からカミさんは昼間仕事に出るようになりました。カミさんは息子が生まれて以来仕事を辞めていたのですが、約10年ぶりに外での仕事に復帰することになりました。とはいえフルタイムの社員として働きはじめたわけではないので、夕方5時〜5時半には家に帰ってきます。

一方、息子はというと生まれてこのかた最近まで、いつもそばには母親がいました。もちろん幼稚園・小学校に行っている時間、そして友達と遊ぶ時などは別ですが、少なくとも家に帰れば母親(時として僕の場合もありますが)がいたわけです。別の言い方をすれば、母親が仕事をはじめた最近になって初めて、自分一人の時間ができたのです。

息子は早い日は1時過ぎ、遅い日でも3時過ぎには家に帰ってくるのですが、それから5時過ぎくらいまでが一人で留守番をしている時間です。ちなみに娘の方は、幼稚園の預かり保育というのに行かせていまして、カミさんが仕事が終わった後に迎えに行っていますから、息子は短い日で2時間弱、長い日には4時間ほどを一人で家で過ごすのです。外に遊びにいくことを禁じているわけではなく、そのあたりは自由にさせています。

コイツがどういう奴なのかというと、一言で言うなら、基本ダラけていて自分がやりたいことしかやりません。やりたくないことは切羽詰まるまで延々と後回しですから、本来もう寝なくてはいけないはずの夜10時頃になって初めて宿題を始める始末、眠いのと相まって泣きながら宿題をするような奴です。呆れることに毎日です。週末の場合は、日曜日の晩にこうなります。

もうひとつ挙げるとすれば、無邪気というか幼稚というか、本当にこれで3年生かと思うことがしばしばあります。未だにサンタクロースの存在を信じていましすし…。昨年のクリスマスも25日の晩に僕が仕事から帰ると珍しく玄関まで出迎えにきて、「サンタさんにこれもらったよ!」とおもちゃの天体望遠鏡を見せるのです。これはもちろん前の晩に僕がベッドの上に置いておいたものなのですが…。(朝は息子が起きるよりも早く、僕は家を出てしまうので、その日初めて顔を合わせるのはたいてい夜になります。)夢を壊してしまうのもかわいそうなので、僕もカミさんもあえて本人に向かってサンタはいないなどと言うつもりはないのですが、本音を言えば「いいかげん気づけよ!」というところです。

と、こんな奴なのですが、予想通りというか心配していた通りというか、家に一人でいる時間は止める者がいないため自由人っぷりを発揮しています。これまでにも、カミさんが帰ってくるまでの間に家じゅうのお菓子を食い尽していたとか、早く帰って来る日にはいつも昼ドラを観ているとか。夜のドラマの再放送ではなく、本当の昼ドラです。サンタを信じているような息子が、昼ドラを観て何が面白いのか僕にはわかりません。たしかに毎日一人で留守番ですから、ハタから見るとするとかわいそうに思えるかもしれませんが、意外に本人はそうは感じていないようです。むしろ一人で家にいる状態を気に入っているようにも思えます。

ついこの間、仕事の途中で5時頃でしょうか、車をとりに家に立ち寄った時の話なのですが、家に入ると息子の姿が見えません。と思ったら寝室のベッドで毛布にくるまって寝ていました。具合でも悪いのかと思ったのですが、急いでいたこともあり、また眠っているように見えたので声をかけずに車のキーだけ取って再びでかけました。数時間後に帰宅した際、理由を聞いて―昔風に言えば―ズッコケました。勝手に風呂を沸かして入り、出たらば気持ち良くなったので寝てた、と。まったく親が二人して働いてる時に、子供は風呂に浸かって、その後昼寝かよ!隠居したわけではないのに、なんと悠々自適な生活なのでしょうか。

悪い遊びをしているわけではありませんし、一人で留守番をさせている手前、多少のことには目をつぶろうとは思っているので、何も言いませんでした。しかし今日から春休みが始まり、当分の間は朝から夕方まで奴は自分の思い通りの時間を過ごせるわけです(娘はやはり幼稚園に預けています)。昼休みにカミさんは帰ってきて、昼食を一緒にとるとはいえ、普段の2〜3倍の時間、誰に気兼ねすることなく一人で好き勝手できるのです。今度は一体何をしてくれるのだろうと、恐ろしさ半分楽しみ半分という今の僕の心境です。




2009年03月26日 20:16 | 日常 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。