読む人にとっては、どーでもいいことなんですが、『あし@』やめました。そもそも僕自身が『あし@』をたどって他のブログを読みにいくことを今はほとんどしていないので、本来あるべき使い方をしていないという点でしようがないんですけど、僕にとってデメリットだけが目立ってしまったからという理由です。デメリットと言ってもたいしたことではなくて単に僕がイライラするだけなのでやめたってだけですが。

今さら『あし@』の仕組みを説明するまでもないと思うのでサラッと流しますが、登録している者同士であれば誰が自分のサイトを訪れたかがわかり、自分が行ったことも相手にわかり輪が広がりますよ、みたいな感じです。あるブログをお気に入りに登録すれば、そのブログの持ち主にもそれが伝わり、あしともという友達関係も作れます。以前はそれなりに素直に恩恵に与ることができたのですが、どうも最近は勝手がちがい、恩恵に与る代わり(それが今はなくなってますが)に我慢を強いられていたように思います。もっともこれは『あし@』側には罪は全くなくて、全ては使う側の問題なのですが。

いわゆる自○巡回ツールというのが使われ始めてからですね、イライラが始まったのは。よそのブログ(というかよその『あし@』)にあしあと(訪問の痕跡)をつけて廻るソフトウェアで、あしあとを残した本人がブログを見て廻っているわけではありません。自○巡回ソフトが勝手によその『あし@』にこのソフトの使用者の痕跡を残しているだけです。それであしあとを残された人が、あしあとを頼りにサイトに行ってみるとそこにはバナーだらけのアフィリエイトサイトがあるって構図です。

ここで僕のスタンスをはっきりさせておきますが、僕はアフィリエイトをすること自体に、あるいはアフィリエイトサイトに対して何の偏見もありませんし、むしろ自分のサイトでお金が稼げるなら僕自身もやりたいぐらいです。でも全てにピンとキリがあるように、アフィリエイトサイトにも、どう見てもここにお金を落とす奴はいないだろうというものが数多くあります。ただ単にサイトにありったけのバナーを貼ってお金が稼げるなら、世の中みんな金持ちだらけです。

話を戻しますが、自○巡回ソフトでつけられたあしあとをたどって行き着いたサイトにはこのような残念なアフィリエイトサイトが多くありました。仮にそこに行き着いたとしても、即座にページを閉じたくなるサイトです。自○巡回ツールでつけられたあしあとは、あし@の管理ページの訪問履歴で見ると、リンク元(リファラ)が空白で、2回ずつ痕跡がついているとか、管理ページに訪問履歴があってもアクセス解析ソフトで見ると閲覧履歴に残っていないなど共通の特徴があるようです。そんなことは少し『あし@』に登録していれば誰でもわかるはずなのに、それでもこういった自○巡回ツールでのあしあとが後をたたないのが、僕がイラッとする最も大きな理由です。

なんだか浅はか過ぎると思うのです。仮にあしあとをたどってそこへ行き着いたとしても、バナーだらけで、商材への根拠のない賞賛だけのコンテンツしかないサイトであるにもかかわらず、そこから先へ進んでもらえると思っているのでしょうか。サイトへのアクセスがなければどれだけすばらしいサイトであってもアフィリエイト的に無意味であるのが真実であるにせよ、それは本末転倒以外の何物でもないと思うのです。ましてやあしあとをたどってそこへ行き着く人は、そこに置かれているコンテンツ自体に興味があるわけではありません。あしあとが残されているから行ってみているだけなのです。

モノを買うにせよサービスに登録するにせよ、まずは顧客となるべき人がそのもの自体に興味がなければ始まりません。決して、行ったところに置かれているものにたまたま興味を示してあるいは言われるがままに買ってくれるのではありません。あくまで興味があるからそこへ行き、そしてそこに置かれている興味の対象物が期待を満足させてくれると思った時、さらに付け加えればここでなら買っても良いなと思った時に初めて買うのです。(もちろん少数の例外はあるとは思います)ところがこの自○巡回ツールを使ってあしあとを残すという行為は、モノを売ろうと思ったら、全く正反対のアプローチだと思います。スルーリストに入れられるのがオチで、それで終わりです。使う人にはそのことに気がついてほしいと思うのです。と言いながらも、僕はあし@止めてしまったので今さらいいんですけど。

実を言うと僕は、このツールを作った人に対してはあまりどうのこうの思ってはいません。法を犯しているわけでもないし、単にビジネスをしているだけなのですから。僕がイラッとしているのは、あくまでそれを買って使っている人に対してだけです。それこそ言われるがままにセールストークを真に受けてそれを購入している人たちです。少し考えれば、それを行うことが損なのか得なのかわかるはずなのに、自ら考えて判断することを放棄しているのでしょうかね。

そしてそれが実際に期待していた効果を生まないことに気づいた時、その人たちはどうするのでしょうね。願わくば、手のひらを返したように悪口を言い出さないでほしいと思います。それこそが最も目にしたくない光景です。買って使うことを決めたのはあくまで『自分』なのですから、責任も全て自分自身にあるはずです。これに関しては勉強代と思ってスッパリ忘れ、せめて今後に役立てるだけにしてほしいと思います。こんなこと、取り越し苦労であればいいのですが。






2009年04月19日 21:00 | ブログ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログは、レイアウトも配色も無機質で素っ気なく見えると思いますが、実はかなりあちこち手を加えています。カッコ良く言えばカスタマイズ、そのものズバリに言えばイジクリマワシタというところでしょうか。初めの一週間は記事も書かずにHTMLやCSSばかり直していました。今回初めてシーサーブログを使ったのですが、最初はそれまでのFC2ブログとの違いにかなり戸惑いました。HTMLとCSSがまるで別の場所にあったり、HTMLがいくつもの場所に分かれてあったりとか、一体なんじゃこりゃ!?というのが率直な感想でした。でも一週間そればかりいじくりまわしていたせいで、おぼろげながら正体がつかめてきた気もします。

このブログを始めるにあたり、僕は検索エンジン経由のアクセスが多いブログにしたいと思いました。というのも、最近までメインとしていたブログは検索エンジン経由のアクセスが非常に少なかったため、今度は多くしてみようと、まあ単純と言えば単純な、深い意味は全く無い動機ではあるのですが…。

検索エンジンでアクセスアップを図ろうってことなら、やっぱりSEOだろ!と勢い込んでみたものの、そもそもSEOなど『検索結果で上位に表示させるための手段』として、言葉としては知っていても実際に何をやったらよいのかよくわかりません。SEOに関して書かれているサイトを見て回ったのですが、景気良くブチあげているサイトはいわゆる情報商材と言われるものが多く、正直あまり興味はありませんでした。それ以外のところで、いくつか興味を持てたサイトを見て回ったのですが、特別な何かが書かれているわけではなく、突き詰めれば普通にやれってことかなという印象でした。言いかえれば、人に読ませるための印刷物を作る場合と基本は同じなんだろうと思いました。

そういう基本を守ったものの積み重ねが検索エンジンに評価され上位表示されることでアクセスアップに繋がるということでしょうか。ということは本来のやり方であればある程度の時間がかかるわけで、そこに情報商材などの存在理由があるのかもしれません。

しかしながら検索エンジンでアクセスアップだSEOだなどと言いながらも、関係のない部分でひとつだけどうしてもやってみたいことがありました。でもその正しいやり方はわからず、説明しているサイトも見つけることができなかったので、結局自己流でやっちゃいました。

どうしてもやりたかったというわりに、それはまったく大したことではなく、あえてここに書くのも恥ずかしいくらいなのですが、そしてやりたかった理由と言うのも相変わらず、ただやりたかったからという全く大人げない理由しか思いつかないのですが、こういうことです。

このサイトの右上にある、かつて一度もクリックされたことのない(笑)広告が置かれているスペースなんですが、ここを自由に使えるスペースにしたかった。それだけ。この部分ってそのままの状態だとデッドスペースになってしまうので、なんかもったいない気がして、何かを入れられるスペースにしたいなと思いました。今は思いつかないので広告を置いていますが、別のものであってもいいんです。試行錯誤の末、どうにかこうにか形だけは整えることができ、さしあたって不都合もなさそうだったので良しとしました。

で、その結果はどうなのかという話ですけれど、検索エンジンからのアクセスはあるのかという話なのですが、今の時点ではなんとも言えません。実際には、けっこうな比率で検索エンジンからのアクセスはあります。登録だけしてほっぽりっぱなしのあし@よりよっぽどアクセスはありますし、以前のメインブログの比率と比べても何倍も多いのです。ビッグワードひとつでは無理ですが、ビッグワード+1単語であれば、結果の1ページ目に表示されている組み合わせがそこそこあります。

でもSEOのサイトをあれやこれや見ている中で、こんな記事を目にしました。『Googleは新しいサイトに対しては検索順位表示に関して優遇措置をとる』。こんな意味合いの記事だったと思いますが、良いサイトを埋もれさせないために、開設から一定期間(一か月だったような気もしますが、はっきり覚えていません)は、全ての新規開設サイトに対して、本来の表示順位よりも高い順位で検索結果を表示すると書いてありました。

このブログは開設してGoogleのメタタグを入れてからもうすぐ2カ月経ちますが、実際に更新を頻繁にし始めてからはまだ3週間も経っていません。そもそも、そんな優遇措置があるのかないのか信義のほどはわからないことに加え、それが一か月なのかそれ以上なのかもあやふやで、さらにどの時点からなのかも定かでないので、正直言えば、今はなんとも言えませんというしかない状況です。もうすこし経って今の順位からズルズルなのか一気になのかはわかりませんが、落ちてしまえば信であることがはっきりします。

今のところは何の判断もできないのでこのままにしておきますが、もしヘッダー部分がオーソドックスな形にある日突然変わっていたら、その時は「ああ、検索順位が落ちちゃったんだな」と思ってやってください。

[内容に関して誤りに気づいたので修正しています。2009/4/4]




2009年04月03日 20:18 | ブログ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たいしてコメントついてないのに言うなよ!って話なんですけど、『応援ポチッ!』ってコメント嫌いです。『ポチ』してもらうこと自体は三度の飯より好きなんですけど、また『ポチ』してもらえたことに対してちゃんと感謝はしているんですけど、コメント欄に他の言葉は一切なく一言だけ『応援ポチッ!』などと入っているのを見るといい気持ちがしません。(この表現、かなり控えめです)

説明するまでもないと思いますが、ここでの『ポチ』とはランキングサイトのバナーやリンクのことですが、時々記事のコメント欄(ここではなく僕の別のサイトです)に見慣れないハンドルネームでただ一言『応援ポチッ!』とか『応援しました!』なんて入っていることがあります。これが厭なんですよね、ミエミエで。

これって純粋なキラキラした目で「ありがとうございます。これからもがんばります!」などと言ってあげれば済むことではありませんよね。「ポチしたんだからポチしてよ」ってことですよね。それなりに人生経験を積んできた僕としては、そのようにうがった見方をしてしまうのですが、もしこの前提が違っていたなら僕は大きな勘違いをしていることになり、この記事自体が無意味なことになるので、ここって重要です。

自分のところにポチがほしいのなら、最初からはっきりそう書けばいいのにと思ってしまいます。例えば『ポチをしてさしあげましたから、お返しに自分のサイトのランキングバナーにもポチしてください。』って直球勝負で。好きか嫌いかを問われたら、こっちのほうがはるかに好きです。だって潔いじゃないですか。それでお返ししに行くかと言われればビミョーというしかないですけど、一言『応援ポチッ!』だったらば、絶対しないし最初からそこへは行かないということを考えればナンボかマシです。

このサイトもランキングサイトには一応3つほど登録してあるのですが、ランキングバナーをここに置いているのはそのうちのひとつだけ。それもひっそりと隅っこに置いているだけで主張もしていません。そのことに特に意味はありません。どこに置こうか決めかねていてまだ置いていないだけです。そのうちに目立つところに置くとは思いますが、記事数も少ないので「まだいいや」というところです。

少しずれてしまいましたが、こういったコメントを入れる人はいろいろなサイトで同じコメントを入れて回っていると思うのですが果たして効果はあがっているのでしょうか?純粋に興味があります(キラキラした目で)。あの一言コメントを好意的に受け取る人ってそんなにいない思うのですが、むしろ自分で自分の首を絞めているような気がするのですが、そのあたりどうなんでしょう?

どこかのサイトか、情報商材と呼ばれるものの中に、アクセスアップの秘訣とかいってそうするようにと書いてあり、それを信じて実践しているだけなのかもしれません。あるいはそのコメントが実際入っているのを目にして、自分もやってみようと思い立ったのかもしれません。それはわかりません。でもアプローチの方法がちがうと思うのです。

欲しいという気持ちはわかります。僕だって三度の飯より好きと書いたくらいですから。激しく大げさですけど…。自分のサイト上でなら、それをどのように主張しようと自由ですが、よそに行ってもやるならば(しないに越したことはありませんが)、安直にそんなフレーズを入れて回るのではなく、せめて一ひねり二ひねりしてくれたらいいのにと思います。思わずプッと噴いてそこを覗いてもいいかなと思うぐらいの気の利いたやつを。そんなコメント入れてくれたら応援だのポチだのと書いてなかったとしても、おのずと集まるようになると思うのですけどね。

せっかくだから今日はこの記事上にランキングバナーを置いてみようかとも思いましたが、あざとくなるので止めました。


2009年03月31日 20:14 | ブログ | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。