ワールドカップ出場が決まりました。TV中継が遅い時間ではなかったので、最初から最後まで観戦することができたのですが、それを観ながら思いました。日本チームは強くなったなぁと。僕はサッカー経験者でもなければ、知識が豊富なわけでもありませんので、戦術的なこととか技術がどうのといった難しいことを語ることはできません。

得点を取った開始まもない時間はともかく、それ以降はボールを支配され劣勢の状態が続いたわけなんですが、そして納得しがたい審判の笛も数々あったのですが、あの状況で、最終的に勝ちきれたというそのこと自体が「強くなった」と思う理由です。最終予選で一勝しかしていないチームを相手にして試合を支配できずにどうする?などの見方は当然あるかと思いますが、僕としては、圧倒的に劣勢な状況にもかかわらず勝ったということをぜひとも評価したいと思っています。

これまで代々の日本代表チームに対して僕が持っていたイメージは、あくまでイメージなのですが、『勝ちきれないチーム』というものでした。試合を優勢に進めながらも終わってみれば引き分けあるいは負けていた、いい試合をしたのだけれど勝てなかったなど、『勝負』という面においていつもはがゆさを感じていました。ましてや劣勢のまますすんでゆく試合など…。

昨日の試合も、終盤になればなるほどこの思いは強くなり、最後の10分ほどは落ち着いて観ていられないほどだったのですが、それでも追いつかれることなく逃げ切った、勝ちきったという点を僕は最大限に讃えたいとそう思うわけです。もちろん開始早々に得点を取っていたから、劣勢とはいえ勝つことができたのですが、相手は違うとはいえ前回のワールドカップのオーストラリア戦のように、ずっとリードしていながら終盤にバタバタッと得点を取られ負けてしまった試合もあることですし。

来年のワールドカップ本選で目標に掲げているベスト4に入ることができるのかどうか、期待としてはそうなってほしいのですが、現在の日本サッカーの実力としてはとても厳しい目標だと思います。しかし昨日のような勝負強い試合ができるようになれば、強豪国相手に番狂わせを起こすこともあり得ますし、勢いに乗ったらもしかしてという可能性も見えてきます。

本番まであと一年、ぜひともこの勝負強さを持ち続けていってほしいと思います。
【サッカーショップ加茂】日本代表応援 Special Price!!








2009年06月07日 10:07 | 雑記 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『石原都知事「あんなデブ出ない方がいいんだ、マラソンには」』 
4月3日19時3分配信 産経新聞

数日前から、Yahoo!ニュースでこんな見出しを何度か目にしていました。これだけ見れば、先日の東京マラソンでタレントの松村邦洋さんがレース途中に心筋梗塞で倒れたことを言ってるのはわかるのですが、いつも目的は別にあったので、記事の本文を読むことはなく、見出しだけ読んでそのたびに、「石原都知事ってのはひでえことを言うなぁ。仮にも心肺停止なんて、生死にかかわる目にあった人に対してなんてこと言うんだ!」と、ひとり憤慨していたわけです。

で、昨日、初めて記事の本文までじっくり読んでみました。いったいこのオヤジはどんなひでえこと言ってやがんだ!と、ことと次第によっちゃあ、目にモノを見せてやる!と勢い込んで読み始めたわけです。ちなみに、僕が「目にモノを見せてやる」と言ったところで何ができるのかは僕も知りません。その記事は、4月3日の都知事の定例会見をまとめた記事で、目的の下りはその中での発言のようでした。読み進めて行き、目的の箇所にたどり着きました。そこには次のように書かれていました。
「あんなデブは出ない方がいいんだ、マラソンには。僕言ったんだ、松村に『無理だ』と。そしたら、去年完走できなかったから減量してて、15キロぐらいやせたらしいんだけどね、出たんでしょ。15キロも減量することそのものに無理があってね。松ちゃんはね、本当に危なかったねえ。もう助かってホッとしましたけども。あれだけ太った人で走った人いないんじゃないか、他に。まあ芸人さんってのはね、上からの命令だと辛いことしなくちゃいかんかもしれないけど。まあ、やっぱりあの体ではちょっと自分で考えた方がよかったと思うよ。ほんとに人騒がせだよ、あいつ」
えっ!?なにこれ?全然『ひでえこと』じゃないじゃん。そしてこの発言の直前には、このような注釈がつけられていました。
(※石原知事と松村さんはテレビ番組で共演中で旧知の仲)
「これはないよね」と思いました。たしかに見出しの発言自体はしているのですが、全体を通して読めば、僕が見出しから受けた印象とは全く違う趣旨の発言ですからね。僕は見出しだけを読んで、石原都知事ってのはなんて『人でなし』だろうと、そんな風に憤りを感じていたのですが、発言の全てを読めば、全くそんなことはないわけで、むしろ愛情(?)のこもったエールじゃないかと思うわけです。

こうなると当初の憤りのやり場がなくなってしまうわけで、自ずと矛先は『こんな紛らわしい見出しをつけやがって!』と新聞社の方に向くわけです。実際、そこまでじゃないけど。たしかに見出しというのは人目を引くためにつけるのでしょうが、つまらない見出しで誰も興味を持たずに記事自体が読まれなくては意味が無いのでしょうが、個人がやってるブログじゃないんだから、日本を代表する新聞社のひとつなんだから、おまけにこれ芸能ニュースじゃなくて知事の定例会見の報告記事なんだから、ちょっとこの見出しはないんじゃないの?と思うのです。

この記事は、定例会見ですから、もちろん内容はこれだけではなく
  • 上野動物園の入場者激減
  • 森田健作が千葉県知事になった
  • 東京オリンピックの招致
  • 北朝鮮のミサイル発射
  • 横田基地問題

と、ざっとこれだけの盛りだくさんの内容です。で、その中で見出しとして掲げられるものはこれかよ。だいじょぶかよ、日本…。

これだけニュースが多いと全てのニュースの内容まで読む暇などなく、見出しだけ読んでそのままというものも数多くあります。内容まで読む時間はなくとも、見出しだけ目を通しておけば、これまではなんとなく世の中の流れについていけているような気がしていたのですが、こういう見出しがつけられているのであれば今後は考えを改める必要がありそうです。

でも、なにはともあれ、松ちゃんが大事に至らずに済んだようで安心しました。




2009年04月11日 13:40 | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
つい2週間ほど前まで通勤時にコートを着ていたような気がするのですが、今日の東京地方はポカポカ陽気というか、コートどころか上着も要らない、そんな暖かで穏やかな日です。陽の光もどことなく先月までのものとは違い、優しく包み込んでくれるような光に思えます。もうすっかり春です。こんな陽気だと気分まで晴れやかになってしまうから不思議です。

さきほどYahoo!のニュースでこんな記事を見つけました。
『日経平均続伸 9000円に迫る』

その後こうなりました。
『日経平均が4営業日続伸、3か月ぶり8800円台回復』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000662-yom-bus_all

日経平均株価が7,000円を切るだ切らないだのと言っていたのは、つい少し前のことであったと思います。それから何か株価が上がる良い要素なんてありましたっけ?相変わらず自分の周りでは景気の悪い話ばかりなんですけど…。それに同時に読んだもうひとつのニュースは、『上場廃止の恐れがある企業が20社ある』というものだったんですけど…。良い話があるならば教えてほしいものです。株価が上がった理由が、「陽気のせい」ではないことを祈ります。





2009年04月06日 13:29 | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。