当初の予定ではとっくの昔に煙草などやめているはずが、相変わらず、相変わらずです…。ほんとにやめなきゃなぁと思いながらネットを見ていたら、久しぶりに電子タバコの広告が目に飛び込んできました。
br />電子タバコというのは、今さらなんですが、本物のタバコの形をしていて、吸うと先が赤く光って(LEDで)煙が出る(水蒸気の)というもので、中には電池やらセンサーやらが入っていて、フィルターを換えると色々な味が楽しめるというものです。(なんだか羅列しただけで、意味がよくわからないかもですが)

今は様々な禁煙グッズがあって、電子タバコもその中のひとつとして扱われているようなのですが、禁煙グッズとして見た場合、電子タバコっていうのはどうなんだろう?という疑問が実は前々からあったものですから。

というのも、一昔前ならタバコは癖のようなものとか、タバコをやめられないのは意思が弱いからだというのが通説だったように思うのですが、今は、タバコをやめられないというのはニコチン依存症によるもので、禁煙とはニコチン摂取量を徐々に減らしていって、最終的にニコチンなしでもOKという状態にするものというように変わってきていると思うのです。

では電子タバコで禁煙というのはどうなんだ?ということなのですが、日本では電子タバコにニコチンを含ませると、薬事法の対象となってしまい薬事承認を受けないといけないそうです。なので日本で作られていたり、販売されている電子タバコは、基本ニコチンを含ませていないというのです。(通販で売られていたりする海外製品には、ニコチン含有のものはあるそうですが。)

ということは、ニコチン摂取量を調整していって禁煙するという、現在の禁煙の王道とも言える方法が、日本では電子タバコに関する限り無理ということです。もちろん薬事承認とれば良いのでしょうが、あれはお金も時間もかかるので、電子タバコでとっても採算が合わないのでそこまでしないのでしょう。

ならば、電子タバコというのは(あくまで日本においては)禁煙グッズとしてみた時、意味があるのかなぁという疑問があるのです。たしか、最初に一揃い購入すると1万円くらいしたと思うので、それを考えるとなおさらどうなのかなぁと思うのですが、実際のところどうなんでしょうね?






2009年06月18日 00:58 | 禁煙 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。