来月18日に発売となるトヨタのハイブリッドカー新型プリウスの受注台数が、今月末には5万台になるとのことです。今月1日から予約を受け付け始めていて、来月の発売時点では6万台を超える見込みだとも。また、なんでも納車までは4ヶ月かかり、トヨタはプリウスの当初の月間生産台数予定45,000台を引き上げることになるらしいです。

さすがです。大御所登場というところでしょうか。2月に発売のホンダ・インサイトが発売1ヶ月で、見込みを3倍以上上回る18,000台を受注したと話題になっていましたが、プリウスは予約開始1ヶ月で3倍近い5万台です。それも今はまだ発売していないという段階ですから、同じように発売1ヶ月後で比べたら、その受注台数は一体どれほどになるのでしょうか。たしかにインサイトが予想をはるかに超えた飛び出しを見せたということで、トヨタは新型プリウスの販売予定価格を引き下げたり、現行プリウスの価格を引き下げて新型と併売するといった戦略の練り直しを迫られたわけなんですけれど。そしてエコカー減税による後押しもあったのですが。でもやはりこの予約段階での受注台数は凄い数字です。

これが起爆剤となって景気が回復してくれればいいのですが…。昨秋トヨタが大量の派遣切りや時短に踏み切ったことは、やはりその後の景気に大きな影響があったわけで、そんなトヨタが息を吹き返してくれれば、また景気も上向きになるんじゃないかと、あえて前向きに考えれば思いたくなるのですが、果たしてそううまく進んでくれるのでしょうか。

というのも、トヨタ・プリウスやホンダ・インサイトといったハイブリッドカーが好調なのはわかるのですが、そしてそのメーカーであるトヨタとホンダが上向くのはわかるのですが、自動車全体の市場が停滞している中で、プリウスとインサイトだけが売れてしまったら、その他の車種は当然今以上に売れなくなってしまいます。ということはハイブリッドカーを持っていない日産、マツダ、三菱、スバル等は、ほんとに大丈夫なのかと心配になってしまいます。もちろん競争の結果と言えばそれまでなのですが、景気の良い時期ならともかく、今のような不況の時期に一人勝ちが現れる(正確には2人勝ちでしょうか)ということはどうなんでしょう?

実際各社とも手をこまねいて見ているわけではなく、日産はEVを始めとしてハイブリッドカーやダウンサイジングと呼ぶターボ車(今ひとつターボというのは理解しにくいのですが)を来年にかけて投入するという話ですし、マツダも水素自動車を開発していますから、エコカーの開発を急ピッチで進めているようなのですが、それらがどれだけ早く量産化できるようになるのか、それまで各社が今のまま持ちこたえてくれてくれて自動車業界全体が復活してくれるのかということを今は祈るばかりです。

とはいえ、自動車業界が良くなれば全てがうまく行くなどというつもりはなくて、あくまでプリウスやインサイトなどのハイブリッドカーの躍進によって、これまでのバランスが変わるであろうことによって、景気回復にマイナスの力が作用しなければいいなと思っているだけですので、そこは誤解しないでいただければ幸いです。





2009年04月26日 10:12 | 自動車・エコカー | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。