当初の予定ではとっくの昔に煙草などやめているはずが、相変わらず、相変わらずです…。ほんとにやめなきゃなぁと思いながらネットを見ていたら、久しぶりに電子タバコの広告が目に飛び込んできました。
br />電子タバコというのは、今さらなんですが、本物のタバコの形をしていて、吸うと先が赤く光って(LEDで)煙が出る(水蒸気の)というもので、中には電池やらセンサーやらが入っていて、フィルターを換えると色々な味が楽しめるというものです。(なんだか羅列しただけで、意味がよくわからないかもですが)

今は様々な禁煙グッズがあって、電子タバコもその中のひとつとして扱われているようなのですが、禁煙グッズとして見た場合、電子タバコっていうのはどうなんだろう?という疑問が実は前々からあったものですから。

というのも、一昔前ならタバコは癖のようなものとか、タバコをやめられないのは意思が弱いからだというのが通説だったように思うのですが、今は、タバコをやめられないというのはニコチン依存症によるもので、禁煙とはニコチン摂取量を徐々に減らしていって、最終的にニコチンなしでもOKという状態にするものというように変わってきていると思うのです。

では電子タバコで禁煙というのはどうなんだ?ということなのですが、日本では電子タバコにニコチンを含ませると、薬事法の対象となってしまい薬事承認を受けないといけないそうです。なので日本で作られていたり、販売されている電子タバコは、基本ニコチンを含ませていないというのです。(通販で売られていたりする海外製品には、ニコチン含有のものはあるそうですが。)

ということは、ニコチン摂取量を調整していって禁煙するという、現在の禁煙の王道とも言える方法が、日本では電子タバコに関する限り無理ということです。もちろん薬事承認とれば良いのでしょうが、あれはお金も時間もかかるので、電子タバコでとっても採算が合わないのでそこまでしないのでしょう。

ならば、電子タバコというのは(あくまで日本においては)禁煙グッズとしてみた時、意味があるのかなぁという疑問があるのです。たしか、最初に一揃い購入すると1万円くらいしたと思うので、それを考えるとなおさらどうなのかなぁと思うのですが、実際のところどうなんでしょうね?







2009年06月18日 00:58 | 禁煙 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
開設早々検索エンジンに見捨てられたこのブログなんですが、見捨てられて一週間が経ちました。そしてその間たった一人だけですがお客さまがありました。

このブログは10日ほど前引越しして作った新しいブログです。引越し元はと言えば消してしまいましたし、ここで新たに始めているとの告知も一切していません。ブログのランキングに登録しているわけでもなく、アクセスに繋がるサービスにも登録していません。言わば大海原をいかだに乗って漂流しているようなものです。(そのうち登録しようとは思ってはいますが。)

ですからアクセスは100%検索エンジン頼みなのですが、その検索エンジンからは現在、不幸にも締め出されている状況(らしい)です。そんなこのブログにたった一人だけなのですがお客さまがありました。一週間でたった一人です。これもなかなか凄い数字なんですが、気になるのは一体このお客さんはどこから来たんだろうということです。

このブログにも、以前からお世話になっているアクセス解析を入れているので、そしてそれはリンク元も表示してくれるので、訪問してくれた人がどこから来てくれているのかだいたいわかります。一度来てくれた人がブックマークに登録してくれてそこから再度来てくれた時には、リンク元わかりませんが、そのお客さんの訪問回数は1回目と表示されていますし、クッキーをoffにしているわけでもないようです。かと言ってホスト名を見る限りクローラーのロボットのようでもないし…。謎です。たまたまここのURLを入力してしまったんでしょうか?そんなわけありません。

目下、アクセスまるでないということよりも、このお客さんがいったいどこから来てくれたんだろうかということの方がはるかに僕にとって大きな関心事です。





2009年06月17日 01:01 | ブログ | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マウンテンバイクのリヤタイヤ(正確には後輪のチューブ)が走っている最中に大きな音とともに破裂してしまったという記事を少し前に書いたのですが、それから一週間もたたないうちに、今度はフロントタイヤが今にも破裂しそうな状態になってしまいました。

僕は一ヶ月ほど前から通勤にマウンテンバイクを使い始めました。マウンテンバイクで通勤と言っても最寄りの駅までというわけではなく、少し離れた駅まで片道12km強、往復で約25kmの道程を毎日走っています。先週金曜日の朝、家を出て5分ほど走ったところで妙な違和感を覚えました。ハンドルがなんだかブレる…。視線を下に向けると、フロントタイヤが回転しているのが見えます。しかしそのフロントタイヤは明らかにイビツ。ある一箇所だけ、左側にボッコリ飛び出しているように見えます。

実は先週リアタイヤがバーストする少し前に、尻に違和感を覚え、見ると今回と同じようにリアタイヤの一部がゆがんで回転していたのです。ヤバッ!先週は休みの日の昼間だったので、パンクの後、近くの街まで押して行き、自転車屋でタイヤごと新しいものに交換してもらい事なきを得たのですが、今回は朝の通勤途中。パンクしたら、まだ自転車屋も開いていない時間だし、ましてやその時近くにあるとは限らないので、どれだけ押すことになるのかわかりません。ということはパンクする場所によっては何時間会社に遅刻してしまうことになるのか、なってみなけりゃわからないってことです。ドキドキです。でもほんとは最も嫌なのは、あの突如訪れる「パーン!」という破裂音だったりします。小心者め!

できるだけタイヤに負担をかけぬようにと注意深く運転し、普段は40分ほどで走りきる朝の12kmを50分ほどかけて、なんとかパンクさせずにゴールの駅へと到着させました。

で、帰り。今度は無事に家までタイヤをもたせることができるのか?翌日は土曜日で休日なので、もし途中でパンクしたとしても家まで押して帰るつもりでいました。とは言え、歩けば全行程で2時間15分くらい(経験あり)。自転車を押してとなればもっと時間はかかるはずです。なのでできるだけ家の近くまでタイヤをもたせ、少しでも押す距離を短くしたいと考えるのは当然のことと言えましょう。

そこで考えたのは、フロントタイヤの空気圧を下げること。しかし空気圧を下げると言って、抜きすぎたら元も子もありません。走ることができるギリギリのあたりまでエアを抜いて、いざ走り出しました。こころなしかハンドルのブレが朝よりもひどいような気がします。先週のリアタイヤの破裂の時はそうでもなかったのですが、今回はフロントタイヤなのでパンクと同時にハンドルをとられること必至です。スピードを出していれば転倒するかもしれません。そろりそろりと、ママチャリに抜かれようが、小学生に煽られようが(コラッ!覚えとけよ!)、マイペースを保つこと1時間。朝よりさらに遅いペースながらも、どうにか無事に家まで運ぶことができました。めでたし、めでたし。

でも『自転車を家まで無事に運ぶことができた』って、なんだか本末転倒してるような気がしますけど。


2009年06月15日 23:55 | 自転車・マウンテンバイク | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。