来月18日に発売となるトヨタのハイブリッドカー新型プリウスの受注台数が、今月末には5万台になるとのことです。今月1日から予約を受け付け始めていて、来月の発売時点では6万台を超える見込みだとも。また、なんでも納車までは4ヶ月かかり、トヨタはプリウスの当初の月間生産台数予定45,000台を引き上げることになるらしいです。

さすがです。大御所登場というところでしょうか。2月に発売のホンダ・インサイトが発売1ヶ月で、見込みを3倍以上上回る18,000台を受注したと話題になっていましたが、プリウスは予約開始1ヶ月で3倍近い5万台です。それも今はまだ発売していないという段階ですから、同じように発売1ヶ月後で比べたら、その受注台数は一体どれほどになるのでしょうか。たしかにインサイトが予想をはるかに超えた飛び出しを見せたということで、トヨタは新型プリウスの販売予定価格を引き下げたり、現行プリウスの価格を引き下げて新型と併売するといった戦略の練り直しを迫られたわけなんですけれど。そしてエコカー減税による後押しもあったのですが。でもやはりこの予約段階での受注台数は凄い数字です。

これが起爆剤となって景気が回復してくれればいいのですが…。昨秋トヨタが大量の派遣切りや時短に踏み切ったことは、やはりその後の景気に大きな影響があったわけで、そんなトヨタが息を吹き返してくれれば、また景気も上向きになるんじゃないかと、あえて前向きに考えれば思いたくなるのですが、果たしてそううまく進んでくれるのでしょうか。

というのも、トヨタ・プリウスやホンダ・インサイトといったハイブリッドカーが好調なのはわかるのですが、そしてそのメーカーであるトヨタとホンダが上向くのはわかるのですが、自動車全体の市場が停滞している中で、プリウスとインサイトだけが売れてしまったら、その他の車種は当然今以上に売れなくなってしまいます。ということはハイブリッドカーを持っていない日産、マツダ、三菱、スバル等は、ほんとに大丈夫なのかと心配になってしまいます。もちろん競争の結果と言えばそれまでなのですが、景気の良い時期ならともかく、今のような不況の時期に一人勝ちが現れる(正確には2人勝ちでしょうか)ということはどうなんでしょう?

実際各社とも手をこまねいて見ているわけではなく、日産はEVを始めとしてハイブリッドカーやダウンサイジングと呼ぶターボ車(今ひとつターボというのは理解しにくいのですが)を来年にかけて投入するという話ですし、マツダも水素自動車を開発していますから、エコカーの開発を急ピッチで進めているようなのですが、それらがどれだけ早く量産化できるようになるのか、それまで各社が今のまま持ちこたえてくれてくれて自動車業界全体が復活してくれるのかということを今は祈るばかりです。

とはいえ、自動車業界が良くなれば全てがうまく行くなどというつもりはなくて、あくまでプリウスやインサイトなどのハイブリッドカーの躍進によって、これまでのバランスが変わるであろうことによって、景気回復にマイナスの力が作用しなければいいなと思っているだけですので、そこは誤解しないでいただければ幸いです。






2009年04月26日 10:12 | 自動車・エコカー | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読む人にとっては、どーでもいいことなんですが、『あし@』やめました。そもそも僕自身が『あし@』をたどって他のブログを読みにいくことを今はほとんどしていないので、本来あるべき使い方をしていないという点でしようがないんですけど、僕にとってデメリットだけが目立ってしまったからという理由です。デメリットと言ってもたいしたことではなくて単に僕がイライラするだけなのでやめたってだけですが。

今さら『あし@』の仕組みを説明するまでもないと思うのでサラッと流しますが、登録している者同士であれば誰が自分のサイトを訪れたかがわかり、自分が行ったことも相手にわかり輪が広がりますよ、みたいな感じです。あるブログをお気に入りに登録すれば、そのブログの持ち主にもそれが伝わり、あしともという友達関係も作れます。以前はそれなりに素直に恩恵に与ることができたのですが、どうも最近は勝手がちがい、恩恵に与る代わり(それが今はなくなってますが)に我慢を強いられていたように思います。もっともこれは『あし@』側には罪は全くなくて、全ては使う側の問題なのですが。

いわゆる自○巡回ツールというのが使われ始めてからですね、イライラが始まったのは。よそのブログ(というかよその『あし@』)にあしあと(訪問の痕跡)をつけて廻るソフトウェアで、あしあとを残した本人がブログを見て廻っているわけではありません。自○巡回ソフトが勝手によその『あし@』にこのソフトの使用者の痕跡を残しているだけです。それであしあとを残された人が、あしあとを頼りにサイトに行ってみるとそこにはバナーだらけのアフィリエイトサイトがあるって構図です。

ここで僕のスタンスをはっきりさせておきますが、僕はアフィリエイトをすること自体に、あるいはアフィリエイトサイトに対して何の偏見もありませんし、むしろ自分のサイトでお金が稼げるなら僕自身もやりたいぐらいです。でも全てにピンとキリがあるように、アフィリエイトサイトにも、どう見てもここにお金を落とす奴はいないだろうというものが数多くあります。ただ単にサイトにありったけのバナーを貼ってお金が稼げるなら、世の中みんな金持ちだらけです。

話を戻しますが、自○巡回ソフトでつけられたあしあとをたどって行き着いたサイトにはこのような残念なアフィリエイトサイトが多くありました。仮にそこに行き着いたとしても、即座にページを閉じたくなるサイトです。自○巡回ツールでつけられたあしあとは、あし@の管理ページの訪問履歴で見ると、リンク元(リファラ)が空白で、2回ずつ痕跡がついているとか、管理ページに訪問履歴があってもアクセス解析ソフトで見ると閲覧履歴に残っていないなど共通の特徴があるようです。そんなことは少し『あし@』に登録していれば誰でもわかるはずなのに、それでもこういった自○巡回ツールでのあしあとが後をたたないのが、僕がイラッとする最も大きな理由です。

なんだか浅はか過ぎると思うのです。仮にあしあとをたどってそこへ行き着いたとしても、バナーだらけで、商材への根拠のない賞賛だけのコンテンツしかないサイトであるにもかかわらず、そこから先へ進んでもらえると思っているのでしょうか。サイトへのアクセスがなければどれだけすばらしいサイトであってもアフィリエイト的に無意味であるのが真実であるにせよ、それは本末転倒以外の何物でもないと思うのです。ましてやあしあとをたどってそこへ行き着く人は、そこに置かれているコンテンツ自体に興味があるわけではありません。あしあとが残されているから行ってみているだけなのです。

モノを買うにせよサービスに登録するにせよ、まずは顧客となるべき人がそのもの自体に興味がなければ始まりません。決して、行ったところに置かれているものにたまたま興味を示してあるいは言われるがままに買ってくれるのではありません。あくまで興味があるからそこへ行き、そしてそこに置かれている興味の対象物が期待を満足させてくれると思った時、さらに付け加えればここでなら買っても良いなと思った時に初めて買うのです。(もちろん少数の例外はあるとは思います)ところがこの自○巡回ツールを使ってあしあとを残すという行為は、モノを売ろうと思ったら、全く正反対のアプローチだと思います。スルーリストに入れられるのがオチで、それで終わりです。使う人にはそのことに気がついてほしいと思うのです。と言いながらも、僕はあし@止めてしまったので今さらいいんですけど。

実を言うと僕は、このツールを作った人に対してはあまりどうのこうの思ってはいません。法を犯しているわけでもないし、単にビジネスをしているだけなのですから。僕がイラッとしているのは、あくまでそれを買って使っている人に対してだけです。それこそ言われるがままにセールストークを真に受けてそれを購入している人たちです。少し考えれば、それを行うことが損なのか得なのかわかるはずなのに、自ら考えて判断することを放棄しているのでしょうかね。

そしてそれが実際に期待していた効果を生まないことに気づいた時、その人たちはどうするのでしょうね。願わくば、手のひらを返したように悪口を言い出さないでほしいと思います。それこそが最も目にしたくない光景です。買って使うことを決めたのはあくまで『自分』なのですから、責任も全て自分自身にあるはずです。これに関しては勉強代と思ってスッパリ忘れ、せめて今後に役立てるだけにしてほしいと思います。こんなこと、取り越し苦労であればいいのですが。




2009年04月19日 21:00 | ブログ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『石原都知事「あんなデブ出ない方がいいんだ、マラソンには」』 
4月3日19時3分配信 産経新聞

数日前から、Yahoo!ニュースでこんな見出しを何度か目にしていました。これだけ見れば、先日の東京マラソンでタレントの松村邦洋さんがレース途中に心筋梗塞で倒れたことを言ってるのはわかるのですが、いつも目的は別にあったので、記事の本文を読むことはなく、見出しだけ読んでそのたびに、「石原都知事ってのはひでえことを言うなぁ。仮にも心肺停止なんて、生死にかかわる目にあった人に対してなんてこと言うんだ!」と、ひとり憤慨していたわけです。

で、昨日、初めて記事の本文までじっくり読んでみました。いったいこのオヤジはどんなひでえこと言ってやがんだ!と、ことと次第によっちゃあ、目にモノを見せてやる!と勢い込んで読み始めたわけです。ちなみに、僕が「目にモノを見せてやる」と言ったところで何ができるのかは僕も知りません。その記事は、4月3日の都知事の定例会見をまとめた記事で、目的の下りはその中での発言のようでした。読み進めて行き、目的の箇所にたどり着きました。そこには次のように書かれていました。
「あんなデブは出ない方がいいんだ、マラソンには。僕言ったんだ、松村に『無理だ』と。そしたら、去年完走できなかったから減量してて、15キロぐらいやせたらしいんだけどね、出たんでしょ。15キロも減量することそのものに無理があってね。松ちゃんはね、本当に危なかったねえ。もう助かってホッとしましたけども。あれだけ太った人で走った人いないんじゃないか、他に。まあ芸人さんってのはね、上からの命令だと辛いことしなくちゃいかんかもしれないけど。まあ、やっぱりあの体ではちょっと自分で考えた方がよかったと思うよ。ほんとに人騒がせだよ、あいつ」
えっ!?なにこれ?全然『ひでえこと』じゃないじゃん。そしてこの発言の直前には、このような注釈がつけられていました。
(※石原知事と松村さんはテレビ番組で共演中で旧知の仲)
「これはないよね」と思いました。たしかに見出しの発言自体はしているのですが、全体を通して読めば、僕が見出しから受けた印象とは全く違う趣旨の発言ですからね。僕は見出しだけを読んで、石原都知事ってのはなんて『人でなし』だろうと、そんな風に憤りを感じていたのですが、発言の全てを読めば、全くそんなことはないわけで、むしろ愛情(?)のこもったエールじゃないかと思うわけです。

こうなると当初の憤りのやり場がなくなってしまうわけで、自ずと矛先は『こんな紛らわしい見出しをつけやがって!』と新聞社の方に向くわけです。実際、そこまでじゃないけど。たしかに見出しというのは人目を引くためにつけるのでしょうが、つまらない見出しで誰も興味を持たずに記事自体が読まれなくては意味が無いのでしょうが、個人がやってるブログじゃないんだから、日本を代表する新聞社のひとつなんだから、おまけにこれ芸能ニュースじゃなくて知事の定例会見の報告記事なんだから、ちょっとこの見出しはないんじゃないの?と思うのです。

この記事は、定例会見ですから、もちろん内容はこれだけではなく
  • 上野動物園の入場者激減
  • 森田健作が千葉県知事になった
  • 東京オリンピックの招致
  • 北朝鮮のミサイル発射
  • 横田基地問題

と、ざっとこれだけの盛りだくさんの内容です。で、その中で見出しとして掲げられるものはこれかよ。だいじょぶかよ、日本…。

これだけニュースが多いと全てのニュースの内容まで読む暇などなく、見出しだけ読んでそのままというものも数多くあります。内容まで読む時間はなくとも、見出しだけ目を通しておけば、これまではなんとなく世の中の流れについていけているような気がしていたのですが、こういう見出しがつけられているのであれば今後は考えを改める必要がありそうです。

でも、なにはともあれ、松ちゃんが大事に至らずに済んだようで安心しました。




2009年04月11日 13:40 | 雑記 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。